2016年10月17日

PDF・Microsoft Officeファイルの二次利用防止にファイル暗号化ソフト『トランセーファーVer.2.2』

ソフトウェア製品の開発と販売、およびシステムエンジニアリングを行う株式会社ティエスエスリンク(代表取締役社長:村口 和孝、本社:徳島県徳島市、以下 ティエスエスリンク)は、ファイルの暗号化&二次利用防止ソフト『トランセーファー Ver.2.2』を2016年10月17日(月)に発売します。
最新Ver.2.2では、Windows 10 Anniversary Updateに対応しました。

ファイル配布時の安全対策
ファイル配布時の安全対策
ファイル配布時の安全対策
【「トランセーファー」の紹介ページ】
http://www.tsslk.jp/ts/


「トランセーファー」は、印刷禁止/コピー禁止などの利用権限と暗号化が可能な、文書ファイルのセキュリティ対策ソフトです。例えば、重要ファイルを関係者へ配布する際に、コピー・印刷・保存を一切禁止する情報漏洩対策が行えます。

Microsoft Word/Excel/PowerPointやPDFなどのビジネス文書を、閲覧しかできない、コピー禁止・印刷禁止のファイルとして暗号化が可能で、配布した個人情報や技術情報が二次利用されるリスクを防止することができます。

誰でも簡単に使える操作性で導入・定着しやすく、管理者の導入負担や、利用者の利用負担を軽減することができます。また、サーバーが不要で、利用端末にインストールするだけですぐに使い始めることができます。

ファイルを開く端末を限定したり、ファイルに有効期限を設定したり、よりセキュリティ強度を高める機能を備えています。

多言語対応のため、海外拠点へ情報提供する際のセキュリティ対策としてもご好評いただいています。

以下のURLから無償の評価版をお試しいただくことが可能です。
【「トランセーファー」の評価版】
http://www.tsslk.jp/eva/ts/


【トランセーファーの特長】
1) ファイルに利用権限を付けてパスワード暗号化できます。ファイル閲覧時の、コピー/印刷/保存/画面キャプチャーを禁止することで、「閲覧」「閲覧+印刷」「復号(再暗号化)」の3つの権限を設定することができます。

2) 暗号化ファイルの有効期限、自動削除を設定でき、配布先でのファイル利用をコントロールすることができます。

3) 暗号化ファイルの閲覧ができる端末を限定することができます(端末限定機能)。指定した端末以外ではファイルを開けず、配布先以外での不正な利用を禁止できます。

4) 日本語環境以外にも対応し、日本から海外拠点へのファイル配布にも使えます。インターネット接続ができないオフライン環境でも利用できます。

5) サーバー管理やユーザー管理が不要なため、管理者の運用負担を軽減します。

6) 暗号化するユーザー数に応じたライセンス形式で、導入しやすい価格体系です。ファイルを閲覧するだけのユーザーはライセンスの購入が不要です。

※オフィス ホーム アンド ビジネス 2016:http://www.keygoodjp.com/office-2016-for-mac-home-and-business.html
※オフィス 2016 ダウンロード 版:http://www.keygoodjp.com/office-2016-for-mac-home-and-business.html



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。