2016年10月27日

Windowsのペイントが異次元レベルで強化、Paint 3D発表。


マイクロソフトがWindows伝統の「ペイント」アプリを異次元レベルで機能強化した「Paint 3D」を発表しました。Windows 10 Creators Updateに標準で含まれるアプリケーションで、2D画像に3Dオブジェクトを取り込み、ペイントアプリのような手軽さで加工できます。

イベントの壇上では、どうやって調べたのか「Windows標準の「ペイント」アプリは1億人以上のユーザーがいる」と紹介。そして、Windows 10 Creators Updateに含まれる新たなペイントソフト「Paint 3D」を紹介しました。
 
登壇したマイクロソフトのミーガン・サンダースは、Windowsスマートフォンで目の前に出てきた砂で作ったお城をぐるっとひと回り撮影し、それをテクスチャも貼り込んだ3DモデルとしてWindows 10 Creators Update上のPaint 3Dに取り込んで、2Dのオブジェクトと同じように自然に加工してみせました。

3Dオブジェクトに書き込むときちんと表面に描いたようになります。たとえば3Dのスマイリーに髭を書き込んだりサングラスのオブジェクトをかぶせるときちんと球体の表面に描画されます。

Paint 3Dを使って制作した3D作品は3D画像としてFacebookに投稿できるほか、共有ギャラリー「Remix 3D」に保管が可能。他のアプリ、たとえばPowerPointにインポートして利用することもできます。

Paint 3Dは、Windows 10 Creators Updateに標準で含まれます。
https://twitter.com/Windows/status/791283657331748864

windows10 ダウンロード 版
windows10 ホーム プレミアム  


Posted by keygoodjp at 17:29Comments(0)

2016年10月20日

「MS Office」から「LibreOffice」への移行--欧州政府機関の事例に学ぶ


10年以上前にオープンソースのオフィススイートに人気が出てきてから、一部の大規模組織は「Microsoft Office」に背を向けている。

 欧州の政府機関ではMicrosoft製品を置き換えるプロジェクトがいくつか進んでおり、イタリア国防省が12万台以上のPCをオープンソースの「LibreOffice」に移行させるプロジェクトも、その最新の事例にすぎない。

 しかし、勢いは増しているかもしれないが、こうした組織は依然として少数派だ。企業もMicrosoft Officeから離れる動きに追随するところはまだ多くない。

 企業がMicrosoft Officeからの乗り換えに消極的なのは、広く認識されている移行のマイナス面が原因なのかもしれない。

 LibreOfficeに対する不満として、インターフェースが古くさい、文書をクラウドに同期する機能がない、という意見が上がることもある。また、Microsoft Officeと互換性がないのではないかと心配して、尻込みする人もいるようだ。

 本記事では、こうした移行プロジェクトに長年携わってきた人々から、企業がLibreOfficeに乗り換える負担を軽減し、先述した批判の一部に対処する方法を学ぶ。

激安 オフィス プロフェッショナル 2013
office Professional 2016 ダウンロード版  


Posted by keygoodjp at 17:29Comments(0)

2016年10月17日

PDF・Microsoft Officeファイルの二次利用防止にファイル暗号化ソフト『トランセーファーVer.2.2』

ソフトウェア製品の開発と販売、およびシステムエンジニアリングを行う株式会社ティエスエスリンク(代表取締役社長:村口 和孝、本社:徳島県徳島市、以下 ティエスエスリンク)は、ファイルの暗号化&二次利用防止ソフト『トランセーファー Ver.2.2』を2016年10月17日(月)に発売します。
最新Ver.2.2では、Windows 10 Anniversary Updateに対応しました。

ファイル配布時の安全対策
ファイル配布時の安全対策
ファイル配布時の安全対策
【「トランセーファー」の紹介ページ】
http://www.tsslk.jp/ts/


「トランセーファー」は、印刷禁止/コピー禁止などの利用権限と暗号化が可能な、文書ファイルのセキュリティ対策ソフトです。例えば、重要ファイルを関係者へ配布する際に、コピー・印刷・保存を一切禁止する情報漏洩対策が行えます。

Microsoft Word/Excel/PowerPointやPDFなどのビジネス文書を、閲覧しかできない、コピー禁止・印刷禁止のファイルとして暗号化が可能で、配布した個人情報や技術情報が二次利用されるリスクを防止することができます。

誰でも簡単に使える操作性で導入・定着しやすく、管理者の導入負担や、利用者の利用負担を軽減することができます。また、サーバーが不要で、利用端末にインストールするだけですぐに使い始めることができます。

ファイルを開く端末を限定したり、ファイルに有効期限を設定したり、よりセキュリティ強度を高める機能を備えています。

多言語対応のため、海外拠点へ情報提供する際のセキュリティ対策としてもご好評いただいています。

以下のURLから無償の評価版をお試しいただくことが可能です。
【「トランセーファー」の評価版】
http://www.tsslk.jp/eva/ts/


【トランセーファーの特長】
1) ファイルに利用権限を付けてパスワード暗号化できます。ファイル閲覧時の、コピー/印刷/保存/画面キャプチャーを禁止することで、「閲覧」「閲覧+印刷」「復号(再暗号化)」の3つの権限を設定することができます。

2) 暗号化ファイルの有効期限、自動削除を設定でき、配布先でのファイル利用をコントロールすることができます。

3) 暗号化ファイルの閲覧ができる端末を限定することができます(端末限定機能)。指定した端末以外ではファイルを開けず、配布先以外での不正な利用を禁止できます。

4) 日本語環境以外にも対応し、日本から海外拠点へのファイル配布にも使えます。インターネット接続ができないオフライン環境でも利用できます。

5) サーバー管理やユーザー管理が不要なため、管理者の運用負担を軽減します。

6) 暗号化するユーザー数に応じたライセンス形式で、導入しやすい価格体系です。ファイルを閲覧するだけのユーザーはライセンスの購入が不要です。

※オフィス ホーム アンド ビジネス 2016:http://www.keygoodjp.com/office-2016-for-mac-home-and-business.html
※オフィス 2016 ダウンロード 版:http://www.keygoodjp.com/office-2016-for-mac-home-and-business.html  


Posted by keygoodjp at 12:29Comments(0)

2016年10月08日

米MSが10月26日にイベント、Surface新製品や次期Windows 10など発表か

米Microsoftが10月26日に米ニューヨーク市でスペシャルイベントを開催する。開始時間は、現地時間の午前10時(日本時間:26日午後11時)。キーノートの様子はライブストリーミングで公開される。

Microsoftの10月イベントに関しては、Surfaceの新製品などハードウエア製品の発表会になるという噂が飛び交っていた。7日に更新されたMicrosoftのイベントサイトでは「Imagine what you’ll do」というキャッチコピーを掲げて、Windows 10の今後を示すイベントになると予告している。


The Vergeの「Microsoft to launch new Surface PC at October 26th event」やAll About Microsoftの「Microsoft schedules its Fall hardware event for October 26」によると、イベントではSurfaceの新製品を発表し、また数多くのパートナーのデバイスを紹介するが、メイントピックは2017年に2つの大型アップデートを計画しているWindows 10になるという。All About MicrosoftのMary Jo Foley氏は「"Windowsの物語の新たなチャプター"に関するニュースが今年のイベントのテーマ」と表現している。

microsoft windows 10 ダウンロード
windows10 ダウンロード 版  


Posted by keygoodjp at 16:51Comments(0)